【体験談】AFP認定研修を資格対策ドットコム(アーティス)で受けたら合格できました!

アーティス

こんにちは!自称・資格マニアのタスクです!

実は僕、前々から2級ファイナンシャル・プランニング技能士は取得していましたが、AFPの方はなんだか難しそうなイメージがあり、未取得のままでした。

しかし、やはり知識としても名刺に書くにしてもAFPを取っておいた方が良いと考え、一念発起してAFP認定研修を受講してみました。

この記事では、「AFPってどうやってなるの?」から「AFP認定研修の難易度」まで、徹底解説していきます!

AFPとは?

ちなみに、AFPとは“アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー”の略で、ファイナンシャル・プランナーを目指す人向けの資格となります。

AFP資格は、FPとして必要かつ十分な基礎知識を持ち、相談者に対して適切なアドバイスや提案ができるFP技能を習得した者に与えられる資格です。日本FP協会では資格認定に際して「教育」「試験」「倫理」を重視し、健全で質の高いFPの育成に努めるとともに、継続的な能力の維持向上を図っています。
日本FP協会より引用)

AFPになるためには、2級ファイナンシャル・プランニング技能士の合格などが条件(詳しくは後述)となっているため、2級FPと同等かそれ以上の知識が求められる資格試験と言えます。

実際、AFPになるためには認定研修で「提案書」を作る必要があり、ファイナンシャル・プランニング技能士に比べてより実践的な知識が求められます。

AFPになるための手順

AFPになるためには、以下の4つのパターンがあります。

自身の資格取得状況に応じてパターンが分かれますが、多くの人は①か②がスタートラインになります。

①基本課程:一般の方(3級FP技能検定に合格していない方など)

まだ3級FP技能検定に合格していない方でも、「AFP認定研修(基本課程)」を修了することで、2級FP技能検定の受検資格が得られます。

<AFP認定までの流れ>
ただし、「AFP認定研修」を修了しただけではAFPにはなれません。
「AFP認定研修」を修了した後は、2級FP技能検定に合格することが条件となります。

最後に所定の手続き(申請)を経た後、晴れてAFPの資格認定を受けることができます。

基本課程は2級FP技能検定の試験対策講座としても利用することができるよ!

>>資格対策ドットコムのAFP認定研修(基本課程)はコチラ

②技能士課程:2級以上のFP技能検定に合格している方

すでに2級以上のFP技能検定に合格している方は、「AFP認定研修(技能士課程)」を受講します。

②技能士課程では、①基本課程よりも短期間(1ヶ月程度)の通信講座で研修を修了することが可能です(集中してやれば1日~2日で修了することも可能)。

<AFP認定までの流れ>
2級以上のFP技能検定に合格した方が受講する研修のため、「AFP認定研修(技能士課程)」を修了すると、所定の手続きを経てAFP資格を取得することができます。

ちなみに僕も2級FP技能士を取得していたので、このAFP認定研修(技能士課程)を受講しました。

>>資格対策ドットコムのAFP認定研修(技能士課程)はコチラ

③3級課程:3級FP技能検定向け講座を修了した方

こちらは3級FP技能検定向け講座を修了した方のためのAFP認定研修となります。
3級FP技能検定向け講座を受講した教育機関(資格学校)にて、引き続き受講する流れとなります。

④税理士課程:税理士や公認会計士登録をしている方

AFP認定研修の受講時点で、税理士会または公認会計士協会に登録されている方は、「AFP認定研修(税理士課程)」を修了し、所定の手続きを経るだけでAFP資格を取得することができます。

AFP認定研修とは?

AFP認定研修には様々な種類があり、日本FP協会のホームページから検索をして選ぶことができます。

こちらを見ていただくと分かりますが、AFP認定研修の【受講形態】「集合(通学)」、「通信」、「集合(通学)+通信」、「映像通学」から選べるようになっています。

また、【教材】「WEB」、「DVD」、「その他」から選択できるほか、価格帯で絞り込むことも可能です。

この中から、自分の学習スタイルや予算に合わせてAFP認定研修を選ぶ流れになります。

資格対策ドットコム(アーティス)に決めた理由

数あるAFP認定研修において、僕が重要視したのは以下の2つです。

僕がAFP認定研修で重視した2つのこと

  • 自宅で完結できること
  • 価格が安いこと(コスパが良い)

まず、仕事をしながら通学で学習するのは面倒くさい大変だと思い、WEB教材のあるところで、かつ価格が安いところを探しました。

この条件を満たすAFP認定研修を探すと、自然とアーティスさんが提供している資格対策ドットコムに行きつきました。

ただし、価格が安いだけで合格できないのであれば意味がありません。

そこで資格対策ドットコム(アーティス)の口コミ・評判を調べてみると、こんな感じでした。

はじめは合格できるか不安でしたが、教材は分かりやすく作られていて初学者でも理解できました。無事に合格もできました。
年代のせいなのか、eラーニングだけだとなかなか頭に入ってきませんでした。
AFPの提案書の作成が心配でしたが、「学習テキスト」や「学習ガイド」に沿って作ったら自分一人でも完成させることができました。
結局、テキストを印刷したためインク・用紙代がかかってしまった。冊子版の学習テキストが付いてるコースの方がオススメかも?
Web講座なので、スマホやタブレットがあればスキマ時間で学習できる点が良かったです。

教材に関してあまり批判的な意見がなかったことと、実は他の資格試験でアーティスさんの教材を使っていたのですが、実際に分かりやすく合格に結びついた実績を踏まえ、AFP認定研修資格対策ドットコム(アーティス)に託すことに決めました。

【体験談】資格対策ドットコム(アーティス):AFP認定研修の流れ

では、実際に資格対策ドットコム(アーティス)AFP認定研修の流れを見ていきます。

AFP認定研修では大きく分けて次の2つの課題に合格する必要があります。

  1. 確認問題(テスト)
  2. 提案書の作成

これだけ聞くと少し大変そうなイメージを持たれるかもしれませんが、それほど難しい課題ではありません。

「確認問題(テスト)」の方は択一形式の問題が30問程度出題され、正解が6割以上であれば合格できます。

一応、テキストも用意されていますが、自分の場合はとりあえず勉強せずに挑戦したところ、正解が8割ですぐ合格することができました(正直、択一なので勘でやっても、ある程度の得点は確保できます)。

また、6割以下で不合格となってしまっても、何度もやり直すことができるので、間違えた問題を復習した後にまた挑戦することができます。

そのため、「確認問題(テスト)」の方はそれほど難しく考えなくても良い課題と言えます。

一方、少しだけ時間がかかるのが「提案書」の作成です。

これはモデルケースとなっている家計に(文章で)改善アドバイスを行い、キャッシュフローの改善案を示すといった課題です。FPの実務に近いものとなっています。

この課題では、文章で改善案を示すほか、キャッシュフロー表の作成が求められます。

「キャッシュフロー表なんて作ったことないよ!」「文章で改善策を提案するなんて難しそう…」と思った方も多いかもしれませんが、ご安心ください。

資格対策ドットコム(アーティス)のAFP認定研修であれば、「提案書課題&作成の手引き」というものが付いてきます。

このテキストに沿って進めていけば、おのずと改善策の書き方が見えてきますし、キャッシュフロー表への落とし込みも簡単になるよう親切に作られています。

正直、僕も「提案書」は実務でも作ったことがなく不安でしたが、作成の手引き通りに進めたら作成できちゃいました!

結果も94点と余裕をもって合格することができました。
AFP認定研修結果

ただし、その人の知識や経験によりますが、提案書の作成には3~5時間程度みておいた方が良いです。土日などの休日を利用して、集中して作成した方が効率は良いと思います。

【体験談】資格対策ドットコム(アーティス)を使ってみた感想

資格対策ドットコム(アーティス)AFP認定研修は、全体的に丁寧に作られており、テキストも分かりやすかったです。

また、どうしても分からない点があれば質問メールも受け付けていますので、フォロー体制もバッチリです。

実際に使ったみて、資格対策ドットコム(アーティス)のAFP認定研修は非常に満足できました!

これだけ充実した内容で、かつ価格も最安値帯なので、コストパフォーマンスを重視する人にとってはオススメの教材です!

資格対策ドットコム(アーティス)は金融系資格がオススメ

今回はAFP認定研修の紹介になりましたが、資格対策ドットコム(アーティス)金融系の資格試験に強みを持っている通信講座です。

実際に僕も証券外務員の勉強のときにもお世話になりました。

テキスト・問題集ともに資格試験をよく研究して作られているので、しっかりと勉強すれば合格に十分手が届く内容になっています。

もし、金融系資格試験の教材で悩んでいるなら、資格対策ドットコム(アーティス)も選択肢に入れてみてください!



<スポンサードリンク>

<関連記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です