金融・保険業の給料は高い?産業別・男女別からみる給料の特徴を解説するよ!

産業別賃金

こんにちは!タスク(@bb_tasku)です!

今回のテーマは関心の高い「お給料」の話!

厚生労働省が発表している『賃金構造基本統計調査』から、産業別・男女別にみる「金融・保険業のお給料」の特徴を紐解いていきます!


厚労省「平成29年度 賃金構造基本統計調査」

「金融・保険業のお給料は高い」なんて話を聞いたことがあるけど本当かな?
業種別のお給料を比較したいなら、厚生労働省が公表している『賃金構造基本統計調査』が参考になるよ!

ということで早速、2018年2月28日に公表された『平成29年度 賃金構造基本統計調査』を見てみましょう!

(外部リンク)厚生労働省:平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況

調査の目的

この調査は、統計法に基づく基幹統計「賃金構造基本統計」の作成を目的とする統計調査であり、主要産業に雇用される労働者について、その賃金の実態を労働者の雇用形態、就業形態、職種、性、年齢、学歴、勤続年数、経験年数別等に明らかにするものである。

調査結果の概要では、「学歴別」、「企業規模別 」、「産業別」、「都道府県別」、「役職別」等、色々ありますが、ここでは「産業別」の結果を見てみましょう!

結果のグラフは下記のようになっています。
(ちなみに金額は千円単位で、月ベースとなっています。)

▼平成29年度 賃金構造基本統計調査「主な産業、性、年齢階級別賃金」

図5(男:加工前)
図5(女:加工前)

金融・保険業の特徴を見てみよう!

①男性は年齢計で金融・保険業(467.0千円)がトップ!

下のグラフは賃金構造基本統計調査「主な産業、性、年齢階級別賃金」の金融・保険業を赤く加工したものです。

図5(男:加工後)

ご覧の通り金融・保険業は、ほとんどの年齢階級で1番高いことが分かります。年齢計でも467.0千円とトップになっています。

ちなみにピークは50~54歳で618.4千円となっています。

でも、55歳からは急に落ちちゃってるね…
これは金融・保険業特有の出向制度が影響してる可能性が高いね。

金融・保険業では55歳を過ぎると、出向して賃金が急激に落ちる傾向があります。

金融・保険業(男性)では、①「若い時にどれだけ稼げるか(いかに年収を上げられるか)」②「55歳までにお金をどれだけ残しておけるか(調子に乗って若い時にお金を使いすぎない)」が非常に重要になってきます。

②女性は教育、学習支援業に次いで2位!年齢階級に比例して上昇!

男性のグラフと同様、女性の賃金構造基本統計調査「主な産業、性、年齢階級別賃金」の金融・保険業を赤く加工してみました。

図5(女:加工後)

女性は年齢計で279.7千円となっています。

ピークは65~69歳で325.8千円となっています。

女性は年齢に比例して賃金も上がってるね!
男性に比べて上昇は緩やかだけど、55歳から急減するといったことはないみたい!

女性も産業別に見ると、金融・保険業は全年齢層で高めの賃金となっています。
金融・保険業は年齢を問わず、安定した賃金が得られる産業といえるでしょう。

出産・育児などで職場を離れても、経験を活かして同じ金融・保険業で働くと賃金面では良いかもしれませんね!

③金融・保険業は男女の差がやや大きい

最後に金融・保険業の男女別の賃金を表で見てみましょう。

▼平成29年度 賃金構造基本統計調査「第5表 主な産業、性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び年齢階級間賃金格差」から金融・保険業のみ抜粋
男女別賃金

金融・保険業の賃金の特徴として、男女の差がやや大きいことも挙げられます。

しかし、最近では女性も“保険や投信などの営業”をして、仕事内容が男性に近づいている金融機関も多いかと思います。

僕の周りでも、営業を本当に頑張っている女性が多くいます。この辺は少しずつ改善されていくと良いですね!


以上のように、産業別に見ると金融・保険業は賃金面では恵まれているという結果が分かります。
しかし、仕事面では非常に大変なことが多々あるのも事実です。

時には賃金や仕事内容、将来性などを考慮して、今後の人生設計やマネープランを考えてみるのもいいかもしれませんね!


<スポンサードリンク>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です