ファイナンシャル・プランニング技能士2級(FP2級)の攻略法を解説するよ!

FP2級

ファイナンシャル・プランニング技能士2級(FP2級) 概要

難易度 ★★★☆☆
必要性 ★★★★☆
社内評価 ★★★☆☆
  • 勉強時間(目安):3ヶ月~6ヶ月程度
  • 合格点:6割以上

※難易度、勉強時間には個人差があります。勉強はできるだけ早めに取りかかろう!

ファイナンシャル・プランニング技能士2級(FP2級)ってどんな試験?

ファイナンシャル・プランニング技能士(以下、FP)は、相談者の夢や目標を達成するために、相談者の資産状況やお金の流れ、今後のライフプランなどを分析し、さまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助する役割を担います。

FPはお金に関するアドバイザーとなるための資格であり、銀行員の仕事と親和性が高く、銀行業務にとても役に立つ資格と言えます。

FP試験には1級、2級、3級があり、FP2級は中難易度の試験です。

FP3級よりも細かい内容を問われることが多く、FP3級に合格した人でもしっかり勉強する必要があります。

FP3級同様、お金に関する基本的な知識が身に付くので、自己啓発も兼ねて若手行員~中堅行員には是非チャレンジしてもらいたい資格です。

ちなみに1級、2級、3級ともに“学科試験”“実技試験”があります。
この“学科試験”と“実技試験”の両方に合格すると、FP2級を取得できます。
また、どちらか一方に合格した場合には一部合格となり、その合格した科目(学科もしくは実技)を免除することができます。
(※ただし、試験日の属する年度の翌々年度末までに行われる試験に限る)

FP2級の“実技試験”はFP3級同様に筆記試験となります。(1級以外は面接試験はありません。)

ただし、FP3級の“実技試験”が選択式(択一式)のみだったのに対し、FP2級は記述式が加わります。

「記述式って難しそう…ハードル高っ!!」
と思うかもしれませんが、ご安心ください。

記述式と言っても、多くの問題が選択肢から選ぶ問題でFP3級の試験とあまり変わりません。

一部に「空欄に入る数値を計算しなさい。」といった記述式問題が出ますが、問題文をよく読めば答えられたり、テキストの内容を覚えていれば十分対処できる問題も出てきます。

また、実技試験はある程度出題される問題が決まっているので、しっかり対策をすれば本番でも難なく解けるようになります。

合格点と合格率

FP試験の合格点は6割以上です!
7割以上で合格とする資格試験が多い中、6割ならなんとか取れるような気がしませんか?

学科試験は60点満点なので36点以上で合格です!
実技試験は50点満点なので30点以上で合格となります!

そして気になる合格率ですが、記事を書いた直近の試験を見てみると…

<学科試験の合格率>(※きんざい実施分)
2018年9月実施 : 21.45%
2018年5月実施 : 28.24%
2018年1月実施 : 28.53%
2017年9月実施 : 30.21%
2017年5月実施 : 24.85%

<実技試験の合格率>
【個人資産相談業務】
2018年9月実施 : 20.47%
2018年5月実施 : 23.87%
2018年1月実施 : 31.72%
2017年9月実施 : 51.29%
2017年5月実施 : 34.12%

【中小事業主資産相談業務】
2018年9月実施 : 41.97%
2018年1月実施 : 47.56%
2017年9月実施 : 49.95%
2017年1月実施 : 49.12%
2016年9月実施 : 39.06%
(※毎年1月、9月のみ実施)

【生保顧客資産相談業務】
2018年9月実施 : 37.42%
2018年5月実施 : 45.47%
2018年1月実施 : 50.20%
2017年9月実施 : 37.48%
2017年5月実施 : 41.96%
2017年1月実施 : 44.03%

【損保顧客資産相談業務】
2018年9月実施 : 54.61%
2017年9月実施 : 72.35%
2016年9月実施 : 60.51%
(※毎年9月のみ実施)

【資産設計提案業務】(※日本FP協会実施)
2018年9月実施 : 50.52%
2018年5月実施 : 51.68%
2018年1月実施 : 57.45%
2017年9月実施 : 58.34%
2017年5月実施 : 46.79%

上記の通り、合格率は学科試験で20%~30%程度、実技試験はやや偏りはありますが概ね30%~50%といったところでしょうか。

ちなみに試験は1月、5月、9月の年3回行われます。
(実技試験のうち、「中小事業主資産相談業務」と「損保顧客資産相談業務」は日程が限られているので注意)

自分の現在の知識や勉強の進捗状況を考慮して、勉強スケジュールを組んでから受験日を決めましょう!

銀行員として知っておいた方が知識が多いので、自己啓発の一環として積極的に受験することをオススメします!

また、FP2級くらいから名刺に記入する人も増えてきます。
箔をつけることが主目的ではないですが、銀行員・営業マンとしてはお客さんの信頼を得る上で、肩書きも大事な武器になります。

どうやって勉強すればいいの?

FP2級はFP3級と比べるとより細かい知識が必要になります。
ですが、当ブログのFP3級の記事で紹介した勉強方法と同じ方法で効率よく勉強すれば、独学でも十分に合格できます。

改めて、“学科試験”と“実技試験”に分けて勉強方法を紹介していきたいと思います。

学科試験

“学科試験”は以下の6つの分野に分かれています。

A.ライフプランニングと資金計画
B.リスク管理
C.金融資産運用
D.タックスプランニング
E.不動産
F.相続・事業承継

各分野を効率よく、満遍なく勉強することが試験合格のカギとなります。
ちなみに、個人的な見解を含みますが、各分野のオススメの勉強順をご紹介します。

【第一優先順位】
A.ライフプランニングと資金計画
D.タックスプランニング

~理由~
「ライフプランニングと資金計画」はFPのイメージに近い内容が多く、他の分野に比べて理解しやすいのが特徴です。
最初の学習に向いている分野であり、今後の勉強に勢いをつける為にも優先したい分野です。
「タックスプランニング」(税金の知識)は計算が多く難易度はやや高いものの、他の分野でも使う知識が多いのが特徴です。
税金はお金の話題に必ず付いてくる基本的な知識であり、他の分野でつまづかない為にも早めの学習をオススメします。

【第二優先順位】
B.リスク管理
C.金融資産運用

~理由~
「リスク管理」、「金融資産運用」は保険商品や資産運用の話が中心となるので、日頃から商品を取り扱っている銀行員には馴染みがある分野かと思います。
実務に直結する知識があったり、逆に実務で覚えた用語が出てきたりと学習が捗りやすい分野です。
その為、モチベーションの下がりやすい中盤戦の勉強に向いていると言えます。

【第三優先順位】
E.不動産
F.相続・事業承継

~理由~
「不動産」、「相続・事業承継」は銀行の担当業務によっては馴染みの少ない分野です。
その為、難易度はやや高いと言えます。
何度も問題を解いて覚えていくといいでしょう。

人によっては一部に苦手分野があるかもしれません。
FP3級で苦手だと感じた分野は勉強スケジュールを立てる段階で、勉強時間を少し多めに見積もっておきましょう。
6つの分野に分かれているので、勉強がうまくいかない時などは、気分転換に得意の分野・興味のある分野を覚えるのも手だと思います。
まずはテキストをよく読んで用語や計算式を覚えていきましょう!

<勉強ポイント:学科編>

  • まずはテキストをよく読んで用語や計算式をインプットしよう!
  • テキストを一通り読んだら問題集にチャレンジ!
  • 勉強が思うように進まない時は、分野を変えて気分転換してみよう!

実技試験

FP2級の実技試験は①個人資産相談業務、②中小事業主資産相談業務、③生保顧客資産相談業務、④損保顧客資産相談業務、⑤資産設計提案業務の5つの分野に分かれています。
(①~④はきんざい実施、⑤はFP協会実施)

それぞれの特徴を挙げると…

【①個人資産相談業務/⑤資産設計提案業務】

  • 個人の資産に関する問題が多く出題される試験です。
  • 学科試験で勉強した範囲から幅広く出題されます。
  • 幅広い商品を扱う銀行員に適していると言えるでしょう。
  • 自己研鑽として利用する人も多いのが特徴です。
  • 多くの受験生は「①個人資産相談業務」を受験しています。
【③生保顧客資産相談業務/④損保顧客資産相談業務】

  • 保険の分野(学科試験でいうとリスク管理)から多く出題される試験です。
  • 生命保険会社や損害保険会社に勤務している人をはじめ、保険商品を扱う機会が多い銀行員向けです。
  • 保険の知識を中心に自己研鑽したい人にもオススメです。
【②中小事業主資産相談業務】

  • 中小企業の経営者の方などをお客さんに想定した分野。
  • 法人営業や富裕層の方を担当している銀行員には馴染みがあるかも。
  • 法人に係る税金知識なども必要になります。

ほとんどの銀行員が①個人資産相談業務を受験すると思います。

ただし、会社から指定がなく、「保険の知識に自信がある!」、「保険についてもっと詳しく学びたい!」という人は③生保顧客資産相談業務や④損保顧客資産相談業務を受けてみるのも良いと思います。

また、法人営業を担当していて、経営者の相談に乗ることが多い人は②中小事業主資産相談業務を受けてみても良いかもしれません。

ただし、銀行員には転勤が付きもの。
担当が変わることも多いので、汎用性の高い①個人資産相談業務がやはりオススメです。

<勉強ポイント:実技編>

  • 実技試験といっても学科試験の延長です!難しく考えないで大丈夫!
  • ただし対策は必要なので、1ヶ月~1ヶ月半くらい前からコツコツ進めよう!
  • ある程度、出題パターンが決まっているので練習問題を多く解いた人の勝ち!

あくまで学科試験の延長ですが、学科試験に集中しすぎて「実技試験まで手が回らなかった!」というのはよく聞く話です。

対策は必要なので、心配であれば学科試験と並行して勉強しましょう!

学科試験と並行して勉強すると、知識が定着しやすいといったメリットもあります。
(時間配分に気を付けないと最後まで終わらない可能性もあるので注意が必要です。)

おすすめ参考書

参考書は自分に合ったものを選ぶのが最適ですが、FPの参考書って種類が多くてなかなか選べないんですよね・・・
そんな方の為に、おすすめの参考書をピックアップしたので、もし良ければ参考にしてみてください。

買う前に念のため、最新のものであるか確認してください。

おすすめテキスト(その①)

今、話題のテキスト。本屋さんに行くと平積みにされていることが多いです。
特徴はなんといっても全ページ、オールカラーで分かりやすいこと!
図解やイラストも多く、初学者でも頭に入りやすい作りになっています。
また、スマホ学習対応・赤シート付とスキマ時間にも学習しやすい工夫が満載!
売れているのも納得の内容になっています。
やや説明不足や物足りない箇所もあるので、ネット等で補完しながら学習をすると良いと思います。

おすすめテキスト(その②)

管理人おすすめのテキストです。
適度なボリュームで解説も分かりやすく作られています。
しかもカラーなので頭に入ってきやすい!すごい!
用語や計算方法などの説明が非常に丁寧に書かれているので、インプットはこれ1冊で十分!
試験の出題カバー率が高いことを売りにしているだけあり、問題集への移行もスムーズにいきます。

おすすめ問題集(学科編)

FP問題集の定番です。
なぜならFP試験を実施している“きんざい”が作成しているからです!
この問題集を2~3周回すことが合格への近道です。
問題の解説も非常に丁寧で、かつ問題数のボリュームも適度。
FPの問題集はこれ一択と言っても過言ではありません!
(余談①)
“きんざい”が作成しているテキストもあるのですが、テキストはボリュームが多すぎるので個人的にはあまりオススメしません。
(余談②)
昔は浮世絵が表紙に使われていた為、「通称:浮世絵」として受験生に親しまれてきました。
ですが、最近では浮世絵は表紙に使われなくなってしまいました。
先輩に「浮世絵のやつがオススメだぜ!」と言われたら、この本のことを指しています。

おすすめ問題集(実技編)

こちらも学科編と同じく“きんざい”が作成している問題集。
この問題集を難なく解けるレベルになれば、本番でも心配いりません。
解説も丁寧であり、頭に残りやすいです。
受験する実技試験と同じものを選びましょう!

(番外編)通勤におすすめハンディサイズ

「通勤時間が長い!」、「隙間時間を有効活用したい!」
そんな人の為に、ハンディサイズの本を紹介。
バスや電車、カフェなどでも取り出しやすい大きさです。
要点が非常によくまとまっていて、インプットとアウトプットが同時にこなせます。
カバンの中に1冊入れておけば、学習がはかどります。

 


<スポンサードリンク>

<関連記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です