銀行業務検定(法務3級)の攻略法を解説するよ!

銀行業務検定法務3級

SPONSORED LINK

銀行業務検定 法務3級 概要

難易度 ★★☆☆☆
必要性 ★★☆☆☆
社内評価 ★★☆☆☆
  • 勉強時間(目安):1ヶ月程度
  • 合格点:6割以上(ごく稀に合格基準点の引下げあり)

※難易度、勉強時間には個人差があります。勉強はできるだけ早めに取りかかろう!

銀行業務検定 法務3級ってどんな試験?

銀行業務検定は、銀行業務検定協会が主催する検定試験で、銀行・保険・証券等金融機関の職員を対象に、業務の遂行に必要な実務知識や技能・応用力についてその習得程度を測定することを目的とした、誰でも受験できる検定試験です。

なんと、年間受験応募者数は約30万人もいるそうです。
とはいえ、受験する人が限られているため、知名度はそれほど高くありません。

ですが、銀行が受験を義務づけていることが多く、銀行員にとっては避けては通れない資格の1つでもあります。
特に、地方銀行や信用金庫の受験者数が多いのが特徴です。

“銀行業務検定”には法務・財務・税務・外国為替・金融経済・証券・信託実務・法人融資渉外・個人融資渉外・年金アドバイザー・預かり資産アドバイザー等々、金融業務に係る様々な分野の試験があります。

中でも、「法務」、「財務」、「税務」、「年金アドバイザー」は受験者数が多く、基本的かつメジャーな検定試験になります。

上記の4つの受験を推奨している銀行は割と多いのではないでしょうか。

難易度は分野にもよりますが、4級(易)~2級(難)まで用意されています。
(なぜか1級はないんですよね…)

ちなみに、銀行によっては銀行業務検定の合格が昇進・昇格の条件となっているところもあるそうです。
昇進・昇格の条件となっている銀行では、事実上、必須の検定試験と言えるでしょう。
また、昇進・昇格の要件となっていなくとも、銀行員の自己啓発にはピッタリの検定試験なので、取っておいて絶対に損はないと思います!

今回はそんな中でも受験者数が比較的多い、「法務3級」について解説したいと思います!

SPONSORED LINK

合格点と合格率

銀行業務検定の合格点は6割以上です!
3級レベルだと内容もそこまで難しくないので、あとは勉強次第です!

記事を書いた直近の合格率はこんな感じ!

<銀行業務検定 法務3級の合格率>
2018年10月実施 : 33.25%
2018年06月実施 : 33.32%
2017年10月実施 : 30.30%
2017年06月実施 : 32.70%
2016年10月実施 : 25.92%
2016年06月実施 : 37.77%

だいたい合格率は3割前後といった所でしょうか。

銀行業務検定というだけあって、学習内容も普段の実務で見聞きするものが多く、頭に入りやすいと思います。

問題は勉強時間の確保でしょうか。
若いうちに受験することが多いので、日常の仕事を覚えるので疲れてしまい、なかなか勉強に集中できないかもしれません。

1ヶ月程度前からコツコツ勉強することをオススメします。

どうやって勉強すればいいの?

「銀行業務検定 法務3級」は以下の4つのテーマに分かれて問題が構成されています。

科目構成変更について
「法務3級」は2018年6月実施予定の第140回銀行業務検定試験より、新科目構成に変更されます。
ご注意ください。
新科目構成(2018年6月実施分より)

  1. 預金10問(定期積金を含む)
  2. 融資15問(管理・回収を含む)
  3. 決済15問(内国為替/手形・小切手/手形交換/電子記録債権等)
  4. 銀行取引関連法10問(民法の基礎知識(行為能力や意思表示、委任等)や、顧客保護に関する法律知識(消費者契約法や個人情報保護法等)、銀行の業務に関する知識(銀行法や付随業務等)など、銀行取引に関連する法律知識)

 

(参考)旧科目構成

  1. 預金15問(定期積金・内国為替を含む)
  2. 融資20問(管理・回収を含む)
  3. 手形・小切手10問(手形交換を含む)
  4. 銀行取引関連法5問(銀行法/民法/商法/会社法/金融商品販売法/消費者契約法、等)

問題構成を見て分かる通り、実務を扱う銀行員なら当然知っているべき知識が求められます。

実務と照らし合わせながら勉強すると、頭に入りやすいかと思います!

まずは参考書について

勉強の進め方の前に、参考書について少しお話しておきます。

銀行業務検定は、主催する銀行業務検定協会からテキストと問題集が発刊されています。

他に有用なテキストや問題集がないので、銀行業務検定協会の参考書を使うしか選択肢がありません。

といっても、主催する協会が作っているだけあって、試験対策用に上手にまとめられているので安心して使えます。

ちなみに、銀行業務検定の3級なら「高得点を取って個人賞(※)を狙いたい!」、「実務で使う知識なので極めたい!」という人以外は“問題集だけ(テキストは不要)”で十分対応できます。

個人賞について
銀行業務検定で高得点をとった人には「個人賞」が協会から与えられます。
「個人賞」を取ると、賞状やメダルも貰えるんだとか!
また、成績優秀な団体には「団体賞」も贈られるそうです!
実際に管理人も問題集だけで80点以上を獲得することができています。

そんな、“問題集だけで銀行業務検定に合格するオススメの勉強方法”を解説していきます。

問題集だけで合格する方法

問題集を見てみると分かるのですが、問題集は過去問が実施順に掲載されています。

【イメージ】

  • 2018年6月実施(第140回)
  • 2017年10月実施(第138回)
  • 2017年6月実施(第137回)
  • 2016年10月実施(第135回)
  • 2016年6月実施(第134回)
↑つまり、1ページ目から順番に進めていくと、過去問を順番に解いていくことになります。

ですが、過去問の実施順に解く方法よりも、出題項目毎に問題に解く方が頭に残りやすいのでオススメします。

具体的に言うと、問題集の目次の後ろには、「法務3級 出題項目一覧」といったページが親切に掲載されています。

【出題項目一覧イメージ】
銀検 法務3級
↑この「出題項目一覧」に掲載されている分野・出題項目ごとに勉強することをオススメします!

【活用法イメージ】
銀検 法務3級 頻出
赤枠で囲んだ項目は“過去5回中、5回出題された頻出問題(出題率100%)”であることが分かります。
重点的に学習することはもちろん、時間がない時には優先的に学習する目安にもなります。

【進捗管理イメージ】
法務3級 管理
↑このように1度解いた問題のページに○をつけていけば、進捗管理も簡単にできます。

この方法で勉強することにより、以下のメリットがあります!

  • 分野・項目ごとに勉強することで体系的に学習できる
    ⇒ インプットとアウトブットが同時にできる!
  • 分野・出題項目が多い問題が分かる
    ⇒ 頻出問題が把握可能!
    ⇒ 時間がない時は頻出問題から覚える!
  • 実は類似問題ばかりだと気付ける
    ⇒ 同じ項目の問題はほとんど似た問題だと分かります!
    ⇒ 問題の難易度が下がるので、スイスイ進めることができます!

騙されたと思って、この方法で学習してみてください。

インプットとアウトプットが同時に行えるため、効率よく学習することができますよ!

この方法で最後までやれば、合格点は余裕を持ってクリアできると思いますよ。

おすすめ参考書

上でも書いたように、銀行業務検定の3級は問題集だけでも合格可能です。

まずは問題集を買って、早めに勉強に取りかかってみてください!

買う前に念のため、受験する試験・時期の問題集であるか確認してください。

おすすめ問題集

合格を目指すだけならこの1冊で大丈夫!
上記で紹介した学習方法でインプットとアウトプットを同時にこなそう!

おすすめテキスト

一応、テキストも掲載しておきます。
個人賞を目指したい人や、もっと細かく学習したい人は合わせて読んでみてください!

試験が近くなってきたらコレ!

試験直前にはこの本が便利です!要点がまとまっているので、試験直前まで使うことができます!

 

SPONSORED LINK

2 件のコメント

  • 法務3級の攻略法の記事、読ませて頂き大変参考になりました。ありがとうございます。

    そして質問があります。
    今月法務3級を受験するのですが、訳があり、手元にある問題集は6月受験用なんです。受験するにあたって、さほど問題はないでしょうか?
    ぜひ、御回答宜しくお願い致します。

    • 佳さん
      ブログを読んでいただいてありがとうございます!
      少しでもお役に立てたなら幸いです。

      ご質問の件ですが、個人的には大きな問題はないかと思います。
      あまり期間も経っていませんし、問題が大幅に変更となる可能性は低いと思います。
      (法改正点などが出題されると少し弱いですが、そこまで多くないと思います。)
      私も別の科目の時に、少しだけ古い問題集で勉強したことがありますが、特段問題なく合格できました。
      あとは問題集をしっかりと回して対策してみてください。
      仕事しながらの勉強は大変ですが頑張ってください!
      佳さんが合格できるよう応援しています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です