銀行で働いていて良かったことを7つ挙げてみた

良かった7つのこと

こんにちは!銀行コンシェルジュのタスク(@bb_tasku)です!

以前、「銀行で働いていて嫌なところを7つ挙げてみた」という記事を書きましたが、それだけでは就活生や若手行員の方に「夢も希望もないじゃないか…」と思われてしまいそう。

ということで、今回は良かったと思うところをピックアップしてみました!
(ただ、個人的には働いていて嫌だと思うことの方が多いので、無理やり書いた感はありますが…そこはご愛敬ということでw)

銀行員という職業に興味がある方は参考にしてみてください!

銀行で働いていて良かった7つのこと

1.なんといっても給料が良い

7つのこと(給料)
やはり、なんだかんだ言っても給料は悪くありません!
同世代の人と比較しても「自分の給料って低いな~。」と思うことは少ないと思います。

ただし、銀行員は役職が付かないと給料が上がっていかないので、特に若い世代の銀行員はあまり実感できないかもしれません。

きつい仕事内容と比較すると、“割に合わない”と感じる人が少なくないことも付け足しておきます。

とはいえ、ボーナスや源泉徴収票(1年間の給与などが記載されているもの)を見た時は「結構、貰ってるんだな~。」と思うことが多いと思います。

2.世間体が良い

世間体
意外と気になってしまうのが世間体。

銀行員というと周りからは羨ましがられたり、ある程度信用されることは多いです。

銀行員自身も、職業を聞かれたら「会社員です!」と答えるよりも「銀行員です!」と答えてしまう方が多いのではないでしょうか。

営業の時も「〇〇銀行の××です!」といえば、普通の営業マンよりは相手にしてくれるケースが多いと思います。(もちろん、最終的には山ほど断られるのですが・・・)

ただ、あまり良いイメージを持っていない人もいるので、アピールしすぎるのは避けたいところです。

3.お金の知識がつく

良いところ(お金)
お金を扱う職業といえば、やはり銀行員!

日々、お金や金融商品と接しているので、自然とお金の知識は付いてきます。

また、銀行では多くの資格試験を受験させられるのですが、お金の知識が求められることが多く、資格試験を通じて学ぶことも多いです。
(これがまた大変なんですが…)

僕が就職先に銀行を選んだ理由の1つも、この「お金の知識が付けられる」という点が大きかったと思います。

「ですがっっ!!!」

就職前に思い描いていたほど、知識が自然に身に付いたかと言うとそうではありません。

僕が銀行に入る前は「銀行で働いていればマーケットの知識が自然と付いて、自分で投資しても負けなくなるのかな?」、「企業のコンサルなんかもバリバリできるようになるのかな?」といったイメージがあったのですが、実際はただ働いていても、そこまでは身に付きません。
(単に就活時に勉強不足だっただけですがw)

普通に働いているだけでは、せいぜい「お客さんや友人にお金の知識や金融商品の紹介ができる」程度で終わってしまいます。

さすがに専門的な知識となると、自分で勉強して身につけるしかありません。

(そうそう、余談ですが“(特に銀行から)買ってはいけない金融商品”の知識はかなり付きますよ!笑)

4.職場での出会いが多い

7つのこと(出会い)
銀行員の大きなメリットとして“職場での出会いが多い”という点も挙げられます。

銀行に行って見渡すとよく分かるのですが、営業店には男性行員女性行員がバランス良くいます。

※厳密に言えば、営業店の店質(例えば預金量が多い営業店では女性行員の方がやや多く、融資量が多い営業店では男性行員がやや多くなる傾向にあります)により若干異なるのですが、他の職種と比べてもバランスが取れている方かと思います。

職場に気になる異性がいれば、自然と仕事へのモチベーションがアップします。

もちろん、仕事で一緒になったことがキッカケで『お付き合い⇒結婚』に至るケースも多々あります。

同期同士で結婚するケースなんかもよく見かけますね。

銀行員は異動も多いので、出会いのチャンスはよく転がっています。

ただし、色恋ばかりに気を取られていると、「銀行に何しに来てるんだ!」と怒られてしまいそうですがw

5.経営者や富裕層の方と会話ができる

良いところ(社長)
融資業務を取り扱う人のメリットとして挙げたいのが、この経営者や富裕層の方と会話ができる点!
(融資の営業をする際、大企業では別ですが、中小企業だと社長が直接話してくれることが多くなります。)

社長や富裕層の方の人生経験やサクセスストーリー(または失敗談)を聞くと、非常におもしろく、勉強になることが多いです。

それこそ、その辺の小説よりも壮大な人生を送っている方もいらっしゃいます。

若いうちから人生の大先輩である社長などの話を聞きつつ、事業の手助けをするというのは銀行員の醍醐味といえます。

6.休みはちゃんと取れる

6.休日
銀行の休日はカレンダー通りなので、ちゃんと休めることが多く、休日の計画も立てやすいのが特徴です。

最近はどこの銀行も労働管理には厳しくなっているので、休日はしっかり休みにしているところが多いはずです。

ただし、このせっかくの休日に資格試験があったり、行内行事があったりするので、特に若い時は100%休めるかというと疑問が残ります。

ですが、休日出勤をすることはほとんどないですし、休日出勤をしても代休が付くので、割としっかりしている方だと思います。

7.異動・係替えがある

7.異動・係替え
これも僕が銀行を就職先に選んだ理由の1つです。

銀行では2~4年を目途に異動が行われます。

また、異動はしなくても、営業店内で係替えが行われることも多いです(例えば営業係⇒融資係など)。

会社員人生を40年前後と考えると、ず~っと同じ場所で同じ仕事をするというのは、飽き性の私にとっては苦痛だと思っていました。

銀行はこの異動や係替えが定期的にあるので、慣れるまでは結構苦労するのですが、長い目で見れば良い刺激・気分転換になります。

また、職場に嫌な人がいたとしても、数年我慢することで「さよなら」できるのは利点ですね!
(同様に良い人も異動になってしまうのが欠点ですが、そういう人とは業後に飲みに行ったり長い付き合いもできます!)


以上が僕が銀行で働いて良かったと思える点です。
(やや無理やり集めた感はありますが…)

銀行員は辛いことも多いですが、一応、メリットもあることをお伝えしたいと思います。

メリット・デメリットを比較してみて、就職活動や自分がこれから進むべき道の参考にしてみてください!

銀行で嫌な7つのこと

銀行で働いていて嫌なところを7つ挙げてみた

2019-05-02

<スポンサードリンク>

<関連記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です