銀行員は何故、不正をしてしまうのか?「不正のトライアングル」から見る不正行為の要因

不正のトライアングル

こんにちは!タスク(@bb_tasku)です!

今日お話しするのは、不成行為を分析するのに役立つ、「不正のトライアングル」について!

銀行員が何故、不正に走ってしまうのかを解説します!


「不正のトライアングルとは?」

そもそも「不正のトライアングル」とは何かと言うと…

アメリカの組織犯罪研究者ドナルド・R・グレッシーさん(1919-1987)という方が、横領犯の裁判記録や聞き取り調査などをもとに、人が不正行為してしまう原因を3つの要因に分解してまとめたものです。

不正のトライアングル

上の図のように、不正のトライアングルは、『動機』、『機会』、『正当化』に分類されます。

この考え方によると、人は横領を犯す『動機』を持ち、横領を犯せる『機会』を認識して、自分の横領行為を『正当化』できる理由を見出した時に、実際に横領行為に踏み切ってしまうと示されています。

ちなみに、不正のトライアングルは横領行為が題材となっていますが、横領以外の不正行為にも当てはまると考えられます。

例えば、銀行でよく挙げられる不正行為として、①横領、②不正融資、③反社会的勢力への利益供与、④リスクの高い金融商品の不正勧誘、⑤顧客情報の売却などでも、この不正のトライアングルは成立します。

不正のトライアングル:『動機』

ではでは、『動機』とはどのようなものが挙げられるでしょうか。

一例を挙げてみると…

  1. ギャンブルやFXなどで大きな損失を出してしまった
  2. 遊興費や高額商品が欲しい
  3. 目標を達成しないと給与に響く
  4. ノルマを達成しないと上司に怒られる

などが考えられます。

不正行為を行ってしまう前段として、心の中に動機が生まれることが分かりますね。

不正のトライアングル:『機会』

次に『機会』です。

これはどのようなものが考えられるかというと…

  1. 現金の管理が不十分で行動に移せる隙がある
  2. 上司・部下の目が届かず、単独で処理できる
  3. 書類などの証拠が残らない、または隠ぺい・改ざんが容易

などが挙げられます。

基本的に第三者のチェック機能が働かない場合に不正行為をする『機会』が生まれます。

不正のトライアングル:『正当化』

最後に『正当化』です。

  1. 一時的にお金を借りるだけで、あとで返せば問題ない
  2. 会社が自分をきちんと評価しないから悪い
  3. 第三者が関与しないのが悪い
  4. 他の人もこれくらいならやっているだろうから大丈夫

といった考えから、不正行為を正当化してしまうものです。

軽い気持ちや甘い考えが正当化につながってしまいます。


以上の3要素が揃った時、人は不正行為を犯してしまいます。

銀行員によくある不正行為で例を挙げると、FXや株の信用取引で大損をしてしまい〔動機〕、上司の目の届かないお客さんの預金を〔機会〕、一時的に借りるぐらいの軽い気持ちで〔正当化〕横領してしまった。というケースがかなり多いような気がします。

上記の例でも他の不正行為でも、内容を見ていくと必ずこの『動機』、『機会』、『正当化』が当てはまります。

どうやったら不正はなくせるのか?

では、どうやったら不正行為はなくせるのでしょうか?

不正のトライアングルになぞって考えると、対応策も浮かんできます。

例えば…

  • 過度なプレッシャーをかけない⇒動機の防止
  • 結果だけでなくプロセスも評価する⇒動機の防止
  • 同僚や部下の業務を把握する⇒機会の防止
  • 連続休暇・長期休暇を取得する⇒機会の防止
  • 行内ルールの周知させ、重要性を認識させる⇒機会、正当化の防止
  • 処分内容の周知⇒正当化の防止
  • 不正をしても後で必ず見つかることを理解させる⇒正当化の防止

などが対応策として挙げられます。


銀行員は、この不正のトライアングルで思い当たる節はないか、改めて自分のプライベート・業務を振り返って考えてみるのも良いかもしれませんね。

もし、少しでも該当するようであれば、他の要因も該当してしまわないよう自身を律してください。

銀行員はお金と向き合うことが多い業種。『動機』、『機会』、『正当化』となり得ることも非常に多いです。

ですが、不正は必ず見つかりますし、周りの人が不幸になります。

苦労も多いですが、不正にだけは手を染めず着実に仕事をしていきましょう!


<スポンサードリンク>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です