2016年度 新卒採用に関するアンケート調査が公表されたよ!企業が選考で重視することは?

2016年度新卒採用アンケート

2016年度 新卒採用に関するアンケート調査結果(経団連)

平成28年11月15日 経団連(※)が「2016年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」を公表しました。

経団連とは・・・日本経済団体連合会の略称。日本商工会議所、経済同友会と並ぶ「経済三団体」の一つで、東証一部上場企業を中心に構成されています。 総合経済団体として、企業と企業を支える個人や地域の活力を引き出し、我が国経済の自律的な発展と国民生活の向上に寄与することを目的としています。ちなみに現在の経団連会長は東レの榊原相談役最高顧問です。

早速、気になる項目をチェックしてみましょう!

2016年4月入社対象の新卒採用選考活動について

選考にあたって特に重視した点(5つ選択)

コミュニケーション能力  87.0%
主体性 63.8%
協調性 49.1%
チャレンジ精神 46.0%
誠実性 43.8%

「2016年4月入社の新卒採用市場に関する評価」

売り手市場であった  88.1%
変わらなかった  10.9%
買い手市場であった  0.9%
無記入  0.1%

「選考にあたっての学業成績の重視状況」

かなり重視した  3.5%
やや重視した  51.8%
あまり重視しなかった  21.8%
重視しなかった  6.3%
どちらとも言えない  16.4%
無記入  0.1%

「選考にあたって特に重視した点」ではコミュニケーション能力が1位となりました。

銀行もお客さんと接する商売なので、コミュニケーション能力が問われるのは言うまでもなく、銀行の就職活動に求められるのも上記と似たようなものだと思います。
(ちなみに管理人はコミュニケーション能力が超低いですが、聞き役に回ったり、作り笑いでなんとか乗り切りました・笑)

「2016年4月入社の新卒採用市場に関する評価」ではほとんどの企業が売り手市場と認識しており、就活生にとっては有利に進められたのではないでしょうか。

「選考にあたっての学業成績の重視状況」では学歴をある程度重視していることが読み取れます。

と言っても、アンケート回答者が本当は学歴を重視していても、素直に「かなり重視した」と回答することは少ないと思いますので、実際は上記回答より学歴を重視しているのでは?という疑問が浮かびますが・・・

他にも、気になる回答結果が・・・

■採用選考スケジュールの変更に伴う評価や影響について

「2017年入社対象の採用選考スケジュール(広報開始3月1日、選考開始6月1日)」

(1)2016年入社対象(広報開始3月1日、選考開始8月1日)との比較
非常に良かった  15.0%
どちらかといえば良かった  54.4%
どちらかといえば悪かった  19.5%
非常に悪かった  10.1%
無記入  1.0%

(2)2015年入社対象(広報開始12月1日、選考開始4月1日)との比較
非常に良かった  2.3%
どちらかといえば良かった  17.6%
どちらかといえば悪かった  53.5%
非常に悪かった  24.6%
無記入  1.9%

ここ2年で採用選考スケジュールが変更され、就活生は振り回される状態が続いています。

今年は6月1日から選考開始となっていましたが、企業サイドから見ると8月1日選考開始と比べると「良かった」が多く、4月1日選考開始と比べると「悪かった」と回答する企業が多いです。

企業からすると、従来の4月1日選考開始が1番良かったということでしょう。

就活生から見ても混乱が起きているので、個人的には従来のスケジュールでも良かったのでは?と思います。

経団連会員以外も含めた「指針」のスケジュールの遵守状況に関する認識

守られている  1.0%
概ね守られている  3.0%
あまり守られている  35.0%
ほとんど守られていない  54.6%
どちらとも言えない  3.2%
無記入  3.2%

この結果からは一部の企業で採用選考スケジュールが守られていないことが読み取れます。

優秀な人材は早い者勝ち。
でもスケジュールを守らないといけない。この辺の葛藤があり、早め早めに行動する企業が多い気持ちも分かります。
実際には内々定を出さなくても、それに近い内容を学生に示しているなんてケースもあるのではないでしょうか。

上記のアンケート結果を見ると、企業側から見た就職活動の問題点や課題が良く分かります。

全員が納得する制度を作るのは難しいですが、少しでも企業と学生のミスマッチがなくなるような制度になるといいですね。


<スポンサードリンク>

<関連記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です