ライフイベント毎に必要なお金を知って、計画的にお金を準備しよう!

ライフイベント

“人生の節目で必要になるお金はどれくらいか”ということを予め知っておくことはとても重要です。

大体の金額でも頭に入れておけば、今後、ライフプランを立てる際に必ず役に立つはず。

そこで今回は、各ライフイベントで必要なお金を徹底解説します!

これを見れば「貯金の計画」も立てやすくなること間違いなしです!

1.結婚資金

まずは結婚資金から見てみましょう!

おそらく、ライフイベントの中でも「結婚」または「車の購入」が最初に訪れる“多額のお金が必要になるイベント”となります。

結婚資金の詳細は「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」から見ていきましょう!

※全国平均(推計値)より

結納・婚約から新婚旅行までにかかった費用の全国平均総額は466.6万円

ただし、実際には466.6万円全額を用意する必要はありません。
結婚資金ではご祝儀や援助があるため、差し引きした金額を準備することになります。

ちなみに、「披露宴・披露パーティのご祝儀額の全国平均総額は232.8万円」・「結婚費用(結納、挙式、披露宴・披露パーティ、二次会、新婚旅行)に対する親・親族からの援助平均総額195.1万円」となっています。

これを考慮すると…

支出 結婚資金の費用総額
(結納・結婚~新婚旅行)
466.6万円
収入 ご祝儀 232.8万円
親族からの援助 195.1万円
収支 (必要な資金) 38.7万円

つまり、38.7万円が実際に負担する費用となります。

ただし、結婚式の費用は「前払い」、「当日払い」、「後日払い」などがあり、「前払い」の場合はご祝儀を充てることができません。ご祝儀抜きの金額は最低限、手元に用意しておきましょう。

他にもお金に関するデータがあったので抜粋しておきます!

・結婚前の夫の年収439.4万円
・結婚前の妻の年収320.9万円
・結婚費用(結納、挙式、披露宴・披露パーティ、二次会、新婚旅行)のための夫婦の貯金総額317.2万円
・挙式、披露宴・披露パーティ総額357.5万円
・新婚旅行61.2万円
(※いずれも2018年の全国平均金額)

ちなみに、気になる婚約指輪の平均費用は36.5万円結婚指輪の平均費用は24.4万円となっています。
昔はお給料の3ヶ月分なんて言われてたけど、今はそんなに気にする必要はないんだね。
この他にも新生活のための準備資金として100万円程度はみておいた方が良いかもしれませんね!

ちなみに、「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」ではお金に限らず結婚に関する様々な統計・データが見れるので、結婚を少しでも考えている方は参考にしてみてください。

2.出産費用

妊娠してから出産まで様々な費用がかかりますが、中でも大きいのが「入院費・分別費」となります。

国民健康保険中央会「正常分娩分の平均的な出産費用について(平成28年度)」によりますと…

入院費・分別費などの平均値は51万円前後となっています。
その他にも妊婦健診費用や各種検査費用、マタニティ用品代が必要になるので、プラス10万円以上はみておいた方が良いですね。

ただし、出産費用もまるまる準備する必要はありません。

健康保険に加入していれば「出産育児一時金」として子ども1人あたり42万円が給付されます。
(産科医療補償制度に加入していない医療機関で出産する場合は40万4,000円)

他にも、地域によって「妊婦健診費用の助成」などがあります。

最終的な自己負担額の目安は、普通分娩の場合15~30万円程度(無痛分娩の場合は20~50万円程度)と考えておけばそこまで大きくズレないと思います。

3.住宅資金

続いては、恐らく人生で1番大きな買い物になるであろう「住宅」です。

こちらはの平均金額は、住宅金融支援機構の「フラット35利用者調査」から見ていきましょう。

住宅の種類によって平均金額は以下のようになっています。
2017年度 所要資金(購入価額)の平均金額

土地付注文住宅 4,039万円
建売住宅 3,337万円
マンション 4,348万円
中古戸建 2,393万円
中古マンション 2,844万円
やっぱりマンションの方が少し高いんだね。
これ以外にも、家具・電化製品などの購入で100万円程度は多くみておいた方が良いですね。
ちなみに、住宅を購入した人の2017年度の世帯年収の平均は598万円となっています。

4.教育資金

子どもが生まれて学校に通いだすと気になってくるのが教育資金です。

教育資金は“公立”“私立”かで大きく異なってくるので注意が必要です。

文部科学省の「子供の学習費調査」によると以下のような金額となります。

小学校・中学校は公立か私立かによって全然違うね!
幼稚園から高校3年までの学習費総額は以下の表が参考になります。

教育資金2
「子供の学習費調査(平成28年度)-表9幼稚園3歳から高等学校第3学年までの15年間の学習費総額」より抜粋

幼稚園から高校まで全て公立だと約540万円、全て私立だと約1,770万円かかるんだね。

さらに大学に進学する場合、ここから大学の費用がかかります。

大学も国立か私立か、文系か理系か、自宅から通うか1人暮らしかなどで変わりますが、4年間で500~1,000万円程度の金額がかかってきます。

大学まで含めると教育費は1人あたり1,000万円から3,000万円程度までかかる可能性があります。子どもの成長と収入・貯蓄のバランスを見て公立にするか私立にするか慎重に決めましょう!

5.老後資金

ではでは、老後資金はいくら必要になってくるのでしょうか?

こちらは生命保険文化センターの「平成28年度 生活保障に関する調査」を参考にしてみます。

この調査結果によると、“ゆとりある老後資金”月額34.9万円となっています。
ちなみに、老後を夫婦2人で暮らしていく上で、必要と考えられている最低日常生活費は月額22.0万円となっています。

一方で、老後の収入源となるのはやはり『年金』ですが、厚生労働省の「平成28年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」を参考にすると…

・厚生年金(老齢年金)の平均年金月額は約14.8万円
・国民年金(老齢年金)の平均年金月額は約5.5万円

上記のようになっています。

とてもじゃないけど足りないね…
そこで別の財源として期待できるのが、「退職金」です。

こちらは厚生労働省の「平成30年就労条件総合調査」を参考にすると、退職金の平均額概ね2,000万円程度と考えることができます。

ですが、この退職金の2,000万円だけでは死ぬまでゆとりある生活を送ることは困難です。

将来、年金が減らされたり、受給開始年齢が繰り下げられる可能性もあります。
また、病にかかり医療費が多くかかってしまうケースも考えられます。

消費が抑えられてしまうのであまり言いたくありませんが、老後のための貯蓄も非常に大切になります。

残念ながら、各ライフイベントにはお金がつきものです。

ですが、しっかりと準備をしたり、予め資金計画を立てておけば困ることも少なくなるはずです。

日頃から長期目線でお金と向き合い、素敵な人生を送りましょう!


<スポンサードリンク>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です