お金の表と裏!どっちがどっちか分かりますか?貨幣と紙幣の表裏を解説!

硬貨と紙幣

お金の表と裏:あなたは知っていますか?

子どもの頃、コイントスをして「表と裏、どっちだ!?」なんて遊びをやった方は多いかと思います。

その時にどっちが表か裏か分からなくなったことはありませんか?

そういえばどっちが表かという話に発展して、結局勝敗が付かないなんてこともあったな~。

そう!実はお金(貨幣・紙幣)には、ちゃんと“表と裏”が決められているんです!

でも、どちらが表でどちらが裏か、自信をもって正確に答えられる方は実は多くないのではないかと思います。

ということで、今回は「どっちがお金の表・裏か?」を解説したいと思います!

どっちが表でしょうか?(硬貨編)

突然ですが問題です。

下の硬貨の画像で、「表」はどっちだと思いますか?

硬貨(問題)

いつも使ってるお金なので、もちろん分かりますよね?





えっ・・・僕?僕はもっ、もも、もちろん知っていましたよ!(動揺)





それでは正解発表!!

答えは左側の列が「表」です!!

硬貨(正解)

数字が入っている方が「表」だと思っていた方も多いのではないでしょうか。

実は大きい図柄が入った方が「表」だったんですね。

ちなみにそれぞれの硬貨の表面に描かれている図柄は・・・

  • 1円玉   : 若木
  • 5円玉   : 稲穂、歯車、水
  • 10円玉 : 平等院鳳凰堂・唐草
  • 50円玉 : 菊
  • 100円玉 : 桜
  • 500円玉 : 桐

となっています。

豆知識ですが、1円玉だけ「若木」という実在しない木(特定の樹種がない)となっています。
ちなみに1円玉はちょうど1g(グラム)である為、重さを測るのにも使えます。
さらに・・・1円玉は額面よりも製造コスト(2015年現在で1枚あたり約3円)がかかるため、造れば造るほど赤字になってしまうそうです。

硬貨の表・裏の見分け方は…

<硬貨の表・裏の覚え方>

  • 大きい図柄が入っている方が表(おもて)
  • 年号が入っている方が裏(うら)

これで間違えないはずです!

どっちが表でしょうか?(紙幣編)

続きまして、紙幣(お札)編です。

今度はどちらが「表」か分かりますか?

お札(問題)

これくらいは簡単ですよね!





えっ? 使えればどっちでもいい? そんなことおっしゃらずに・・・





それでは正解発表!!

答えはまたまた左側の列が「表」です!!

お札(正解)

お札は素直な方(?)が「表」でした!

肖像(図柄)が描かれている方が、なんとなく「表」って感じがしますもんね!

ご存じかと思いますが、それぞれの紙幣の表面に描かれている肖像(2,000円札は図柄)は…

  • 1,000円札 : 野口英世
  • 2,000円札 : 守礼門
  • 5,000円札 : 樋口一葉
  • 10,000円札 : 福沢諭吉

となっています。

紙幣の表・裏の見分け方は…

<紙幣の表・裏の覚え方>

  • 肖像(2,000円札は守礼門)がある方が表(おもて)

これさえ押さえておけば完璧です!

【お金の雑学】お札にまつわるクイズ!あなたは分かるかな?【イチはどこ?】

2018.07.09

皆さんに馴染みのある「お金」ですが、「灯台下暗し」って感じで意外に知らないことも多いのではないでしょうか。
身近なものほど、意外と疑問をもちにくいものです。

時間がある時に硬貨やお札をよ~く見ると新たな発見があるかもしれませんよ!


<スポンサードリンク>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です