印鑑にはどんな種類があるの?

印鑑アイキャッチ

「実印」「銀行印」「認印」・・・それから「シャチハタ」「三文判」に・・・

印鑑にはパッと思いつくだけでも様々な種類があります。

もちろん、それぞれの印鑑に意味があるのですが、全て正確に把握している人は多くないのではないでしょうか?

そこで今回は・・・たくさんある印鑑の種類をそれぞれ解説したいと思います!

実印

実印
まずは印鑑の中で最も重要な「実印」です。

「実印」は住民登録をしている自治体(市区町村)の役所・役場に印鑑登録の申請をして、印鑑登録が受理された印鑑のことを指します。

ですので、自分で実印のつもりで作っただけでは、「実印」としては認められません。
ちゃんと自治体に申請して受理された段階で「実印」と呼べるものになります。

また、実印を使う際には「印鑑証明書」の提出も同時に求められることが多々ありますが、上記の印鑑登録を済ませると、自治体(市区町村)で「印鑑証明書」の発行も可能となります。

ちなみに印鑑登録を行う「実印」は、1人につき1本と決められています。

どんな場面で使うかというと、主に「金融機関のローン契約」、「土地や建物の売買契約」、「自動車の購入」、「会社の設立」、「その他公文書作成」などに使用します。

人生の中でも“重要な場面で使用する印鑑”と位置づけられています。

必要な時に慌てて作ることがないよう、社会人になったら予め作っておくことをオススメします!

ちなみに僕も利用しましたが、印鑑を作るならハンコヤドットコムさんが便利です!

 

銀行印

銀行印
こちらはご存知、銀行で使う印鑑です。

こちらも実印と同様、銀行印のつもり作っただけでは「銀行印」として認められません。

銀行で口座開設時などに届け出を行って、はじめてその銀行の「銀行印」として認められます。

また、銀行以外でも保険や証券などを契約する際、お金の引き落とし先として口座を指定する場合に銀行印が必要となるケースがあります。

印鑑には通常、姓のみを彫刻します。

ちなみに複数の金融機関に口座がある場合、銀行印を1本に絞っておくと分かりやすいというメリットがありますが、紛失したときに全ての金融機関に改印の届け出をしなくてはならないというデメリットもあります。

お使いの金融機関数に応じて、銀行印は1~2本用意しておくと良いと思います!

また、実印と同様、非常に重要な役割を担っている印鑑になるので、管理は厳重に行ってください。

認印

認印は日常において使われる印鑑です。

例えば、宅配便や郵便を受け取るときに押したり、(仕事などで)書類の「確認」・「承認」の意味で使われたりします。

実印と違って印鑑登録をする必要がないため、自分で決めた印鑑を認印として使うことができますし、複数持つこともできます。

下記で解説する「シャチハタ」「三文判」認印とすることも可能です!

シャチハタ

シャチハタ

シャチハタは本体の内部にインクが入っているハンコです。

押す部分はゴム製になっていてインクが浸透するため、スタンプ台を必要とせず、気軽に何度も押すことができるのが特徴です。

手軽に使えるというメリットがある一方で、デメリットとしては大量生産されているため、他の人と印影が同じになってしまったり、ゴムで作られているが故に経年劣化してしまうため、正式な文書には適していないという点が挙げられます。

そのため、シャチハタを「認印」とすることは可能ですが、正式な文書では“シャチハタは不可”となっていることも多々あります。

  • 宅配便などを受け取る場合⇒シャチハタ
  • 契約書などの書類に押す場合⇒硬い材質のしっかりとした認印

などといった使い分けをするのがベストです。

三文判

三文判(さんもんばん)とは、「三文=安価」で買える印鑑のことです。
※三文は昔に使われていたお金の単位で、安価な額でした。二束三文という言葉もここから来ています。

100均、ホームセンター、文房具店など様々な場所に置いてあります。

同じ印影のものが機械で大量生産されているため、安価で手に入るのが特徴です。

実は三文判を上記の「実印」や「銀行の届出印」とすることも可能です。

ですが、上記で説明した通り、同じ印影のものが大量に出回っているため、「実印」や「銀行の届出印」にすることはオススメしません。

認印として使用する程度にとどめておいた方が無難といえます。

角印

角印

角印は法人(企業)で使われる印鑑です。読んで字のごとく、印影が四角いのが特徴です。

法人の実印・代表者印を「丸印」と呼ぶのに対し、社印(個人でいうところの認印)を「角印」と呼びます。

主に見積書、請求書、領収書などに押されることが多い印鑑です。
※銀行から借入をする際の契約書(金銭消費貸借書など)には角印ではなく実印を押し、印鑑証明書を添付します。


以上が代表的な印鑑の種類です。

印鑑をお客さんに持ってきてもらう場面では、どの種類の印鑑が必要かしっかり伝えるようにしましょう!

ちなみに自分で印鑑を作る際は、僕もお世話になった『ハンコヤドットコム』さんがオススメです!
色んな種類の印鑑手ごろな価格で迅速に買うことができます!

家の近くにハンコ屋さんがない方は是非ご利用ください!


 


<スポンサードリンク>

<関連記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です