「スタディング(STUDYing)」の特徴(メリット・デメリット)・評判・口コミは?実際に使ってみた感想も!

スタディング(STUDYing)アイキャッチ

今まで資格の勉強方法は「独学」、「通信講座」、「資格予備校への通学」がオーソドックスな方法でした。

しかし、ここ最近ではコスパに優れた「オンライン資格講座」が人気を集めています。

ただ、人気が出てきたばかりなので『自分に合ってる学習法なのかな?』と心配になる人も多いはず。

そこで今回は、実際にオンライン資格講座のスタディング(STUDYing)を使ってみた管理人が、特徴(メリット・デメリット)、評判、口コミとともにその魅力を解説していきます。

「スタディング(STUDYing)」(旧:通勤講座)とは?

スタディング(STUDYing)は、「いつでもどこでも」、時間と場所を選ばずに勉強できることが特徴の『オンライン資格講座』です。

2008年にサービス(当時:中小企業診断士 通勤講座)を開始し、その人気を受け様々な資格講座をリリース。2018年7月には受講者が30,000人を突破するなど、急成長中の人気講座です。

ちなみに、2018年12月の10周年を機に「通勤講座」から「スタディング(STUDYing)」へと名称を変更しています。

スタディング(STUDYing)はKIYOラーニング株式会社が運営していて、代表の綾部貴淑(あやべ/きよし)さん自身も中小企業診断士の資格を取得しています。綾部さんは非常に熱心な方で、勉強法などを独自に研究し、効率よく資格試験に合格する方法を確立しました。

(参考)綾部貴淑さんのプロフィール
外資系ソフトウェア会社、経営情報システムのコンサルティング会社を経て、オンライン教育ベンチャーの「KIYOラーニング株式会社」を創業。現在は代表取締役CEOを務める。
サラリーマン時代に仕事のかたわら、人の能力を最大限に引き出す勉強法を研究。勉強法のみならず、心理学、NLP、脳科学、記憶術、速読術、成功法則など、100冊以上の国内外の本を読み、成功者をモデリングすることで独自の勉強法のノウハウを体系化する。自らその勉強法を使って、働きながら中小企業診断士の1次・2次試験にストレートで合格を果たす。
2008年よりこの勉強法を基に開発した「中小企業診断士 通勤講座」を開講。忙しいビジネスパーソンでも、スマートフォン等でスキマ時間に学べるため、多くの合格者を輩出。
この勉強法のノウハウを基に、宅建やフィナンシャルプランナー資格向けの通勤講座も相次いで開講。「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」講座として、急成長を続けている。

つまり、プロフィールにある研究の集大成がスタディング(STUDYing)に凝縮されているというワケです!

ちなみに、中小企業診断士講座では綾部さんが動画講義の講師を務めています。「分かりやすい」、「聞き取りやすい」といった評判が多く、人気の講座になっています。

スタディング(STUDYing)で取り扱っている講座

スタディング(STUDYing)では、数多くの資格講座を取り扱っています。

2019年3月現在、以下の講座がラインナップされています。

>>「スタディング」のコース一覧やキャンペーン情報、無料お試しはコチラ!

このように数多くの資格講座を取り揃えているのが特徴です。
「1度使ってみたら大変気に入ったので、他の資格の時も使いました!」というリピーターの方もいるくらいです。

▼「スタディング(STUDYing)・中小企業診断士講座」の解説はこちらのサイトもチェック!

「STUDYing(スタディング)」(旧:通勤講座)の特徴・評判・口コミは?【中小企業診断士】

「スタディング(STUDYing)」の特徴

それでは、スタディング(STUDYing)の何がそんなに良いのか、メリットを解説していきます。

ただし、どんなに良い教材でもメリットばかりではありません。デメリット(真実)を知りたい人も多いかと思いますので、こちらも合わせて紹介していきます。

メリット①:場所や時間を気にせず、スキマ時間を有効活用できる!

資格試験を受験する人は、普段忙しい方がほとんどかと思います。

ビジネスマンであれば普段は仕事があったり、主婦であれば家事や育児で大忙し。なかなか勉強時間が確保できず、途中で挫折してしまう人も多いはず。

そんな勉強時間の確保にも役立つのがオンライン資格講座であるスタディング(STUDYing)のメリットです。

スタディング(STUDYing)はスマホやパソコンを使って学習ができるので、場所を選ばず、自分の好きな時間に試験勉強をすることが可能です。

例えば、通勤中の電車の中や、休憩中のカフェ・喫茶店、家事の合間、自宅のパソコンなど、自分の好きなタイミングで気軽に勉強できますよ!

また、教材を開くのが億劫な人にもオススメできます。
「本や参考書を広げるのは手間だし場所も選ぶから、なかなかスタートできない」といった人でも、スマホやパソコンなら普段使っているので、勉強へのハードルが格段に低くなります。

資格試験合格のカギは、“いかにスキマ時間を有効活用するか”にかかっています。特に試験の難易度が高いほど、時間を有効活用した人がどんどん有利になっていきます。

メリット②:テレビやYouTubeを見る感覚で学べる!さらに倍速再生も可能!

スタディング(STUDYing)では動画を教材として使うのが特徴です。

「テキストで文字を追ってても、なかなか頭に入ってこない…」、「本を開くとついつい眠気が襲ってきて…」という人でも、動画なら集中して見ることができます。

さらに、この動画講義の良いところは1講座が30分程度となっているところ!通勤時間などのスキマ時間でも十分に学習できる時間設定になっています。

スタディング動画

しかも、動画は倍速再生も可能!時間がない時や、1度見た講座の復習時などに活用することで、効率よく学習することができます。

スタディング(STUDYing)では、動画以外にも音声講座が付属されているので、音楽プレーヤーやオーディオ機器でも視聴することができます。家事をしながらやランニング中、車載オーディオなどでも学習が可能です。

メリット③:インプットだけでなく、アウトプットも充実!

オンライン学習講座は、動画を使ったインプットだけがウリではありません。

スタディング(STUDYing)では、アウトプットもしっかりできるように「スマート問題集」「セレクト過去問集」などの教材が用意されています。
※資格講座によって、問題練習の種類は異なります。

スタディングインプット

また、「スマート問題集」・「セレクト過去問集」では【練習モード】【本番モード】【復習モード】の3つのモードから問題演習を行うことができます。
※問題演習をすると、【復習モード】が追加され、3つのモードが揃います。

スタディング問題演習

また、問題を解くと「全受講者の平均」と自分の解答率を確認・比較することができ、全体のどのあたりのレベルまで達しているのかが一目で分かるようになります。もし、平均より低い場合は満点を取れるように間違えた箇所の復習をしっかり行うことで合格に近づくことができます。

これでインプットだけでなく、アウトプットも時間を有効に使いながら、効率良く進めることができます!

メリット④:学習レポートで進捗管理やモチベーション管理が簡単!

スタディング(STUDYing)では、学習した時間や進捗状況を自動的に集計し、分かりやすいグラフと数値で表示される『学習レポート』が用意されています。

毎日の学習状況がグラフや数値で可視化されるようになるため、進捗管理が簡単。また、モチベーションアップにも繋がるため、学習の習慣化に役立ちます。

スタディング 学習レポート
独学だと進捗管理・モチベーション管理がなかなか難しいけど、これがあれば試験当日まで学習が続きそう!

メリット⑤:これだけの機能が揃って、さらに低価格(圧倒的なコストパフォーマンス)!

これだけの機能を揃えていると、やはり気になってくるのは価格です。

しかし、ここもメリットに変えてくるのがオンライン学習講座の良いところ!スタディング(STUDYing)は、資格予備校や通信講座と比べて安い価格で提供されています。

資格やコースによっては値段は違いますが、いくつか例に挙げてみました。

資格予備校の通学講座が30万円以上することを考えると、その差は歴然です。また、資格によっては独学で市販書を揃えるだけでかなりの費用がかかるケースもあります。

他の教材と比較しても、価格は圧倒的に抑えられていると言えます。

「市販テキスト・問題集で学習するだけでは少し不安…」、「資格予備校はお金がかかるし、時間もない…」といった方には最適な教材です。

気になる方は『無料お試し』もできるので、実際に使ってみて決めてもOK!

また、キャンペーンを行っていることもあるので、安くなっている時は購入のチャンスです!

>>スタディングのキャンペーン情報を確認してみる

デメリット①:紙媒体が好きな人には合わない可能性も…

メリットばかり紹介してきましたが、ここからはデメリットも紹介!

スタディング(STUDYing)はWebでの学習がメインとなるため、紙媒体が好きな人や、デジタル機器に不慣れな人には視聴・操作がしにくいといった点です。

また、中にはスマホやタブレット、パソコンだと頭に入ってこないという人もいるはず。

普段、スマホやタブレット、パソコンを使用している人なら過度に心配する必要はないと思いますが、どうしても気になる方は『無料お試し』で実際に操作してみると良いかもしれません!

>>スタディングの無料講座を試してみる

講座によっては別料金がかかってしまいますが、「冊子版オプション」も用意されています。紙媒体でも学習したい人は、PDFデータを自分で印刷するか、「冊子版オプション」を注文すると良いかもしれません。

デメリット②:通信量に注意が必要

スタディング(STUDYing)では、動画をスマホやタブレット、パソコンなどの端末で視聴するため、どうしても通信量がかかってしまいます。

もしかしたら、お使いのスマホのプランによっては通信制限がかかってしまう可能性も…

可能であればスマホのプランを見直したり、自宅やカフェ・商業施設などのWi-Fi、ポケットWi-Fiの利用など、通信量が気にならない環境で学習することをオススメします。

「スタディング(STUDYing)」の評判・口コミ

スタディング(STUDYing)の特徴(メリット・デメリット)を理解しても、やはり気になるのは使った人の評価ですよね?

そこで、実際にスタディング(STUDYing)を使った人の評価や感想、口コミをまとめてみました!

通勤時間が少し長かったので市販のテキストで勉強していましたが、どうしても眠くなってしまって…スタディングは動画なので集中して学習することができました。
スタートがやや出遅れたため焦っていましたが、スキマ時間を有効活用することで勉強時間が確保でき、無事合格することができました!
参考書を持ち歩く必要がないので楽チン!スマホやタブレットだけあれば勉強できるのはありがたい!そして、なんといっても価格が安い!
この教材内容だとなんとか合格点を狙える感じ。高得点を目指したい人は追加教材が必要かも?
結局、テキストを印刷して見ていたので、手間と印刷代が余計にかかってしまった。冊子版オプションがあるなら頼んだ方が良いかもしれません。
スマホメインで学習すると、通信量や充電が気になります。また、電波が悪いと学習テンポが落ちてしまうことも…
スキマ時間にスマホを見るだけで学習できるので、無理なく続けられます。最後まで使った教材はこれが初めてかもしれません!これで価格も安いので、コスパ抜群です!
動画講義は初めてなので不安でしたが、講師の方は分かりやすく説明してくれて頭に入ってきやすかったです。テキストを読むだけの勉強法に比べ、知識・記憶の定着率は良かったと思います。
市販書のテキストを何度読んでも理解できなかったところが、動画講義を聞いた途端に理解できるようになりました!学習レポートを使うことでモチベーション管理にも役立ちました!

このような評判・口コミがありました!

プラスの評価・マイナスの評価ともに載せましたが、ほとんどの人はコスパの良さに満足していて、総合的には良い評価が目立ちました!

自分で実際に使ってみた感想

実際に僕もスタディング(STUDYing)を使って、中小企業診断士の試験に合格しました!

特に難関試験では、いかにスキマ時間を使って勉強を積み重ねていくかが重要になります。

僕の場合は市販書のテキストとスタディング(STUDYing)を併用して使っていましたが、この勉強法のおかげで他の受験生と差をつけることができたのだと確信できます。

動画学習は「いつでも好きな時に、場所を選ばず学習できる」、「動画を集中して見るだけで効知識・記憶が定着する」というメリットがあります。

これは独学にも資格予備校にもない、『オンライン学習講座』だからこその利点です。

これで価格が高ければ色んな人にオススメすることができませんが、価格も低価格に抑えられているので、実際にコスパの良さを体感した僕も自信を持ってオススメできます。

実際、スタディング(STUDYing)使った人の口コミここまで受講者数を伸ばしているので、名実ともに優れた学習法であると言えます。

「スタディング(STUDYing)」はこんな人にオススメ

スタディング(STUDYing)の特徴(メリット・デメリット)、評判、口コミをまとめると、以下に該当するような人には特にオススメと言えます!

スタディングはこんな人にオススメ!!

  • スキマ時間を有効活用して効率良く合格したい方
  • 好きな場所、好きな時間に自分のペースで学習したい方
  • 動画や音声を使って受動的に学習したい方
  • スマホやタブレットを見る時間が長く、その時間を勉強に当てたい方
  • 重たいテキスト・問題集を持ち運ぶストレスから解放されたい人
  • コストパフォーマンス重視の教材を探している方

上記に1つでも該当していれば、スタディング(STUDYing)を試す価値アリです!

特に、コストパフォーマンス(できるだけ安い費用で最大限の成果をあげる)の部分では、これほど優秀な教材は他にないといっても過言ではありません。

結局、オンライン学習講座ってアリ?ナシ?

さて、ここまではスタディング(STUDYing)の紹介をしてきましたが、「そもそも、オンライン資格講座ってアリなの?ナシなの?」というところで迷われている方も多いかと思います。

その疑問の答えは…

実際に活用した僕から言わせてもらうと、オンライン資格講座はアリです!

従来の紙媒体でのテキスト・問題集以外の教材を使うことに抵抗があるのも無理はありません。でも、1度使ってみると如何に便利かが分かります!

特にスマホやタブレットに触れている時間が長い人は、その延長線で資格の勉強ができるので、『勉強に取り掛かるまでのハードル』極端に下がります。

また、学習レポートなどのツールを使うことで、独学では難しい進捗管理・モチベーション管理もしっかりサポートしてくれます。

これだけの機能を兼ね備えた『オンライン資格講座』は、現代社会にとてもマッチした学習法と言えます。

キャリアアップは会社が考えるのではなく、個人で考える時代です。
スタディング(STUDYing)を使って効率良く資格を取得し、スキルアップキャリアアップに繋げることで、“理想の自分”を創り上げていきましょう!



<スポンサードリンク>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です