2018年1月スタート!話題の「つみたてNISA」を実際に始めて見た!【SBI証券】

つみたてNISA

こんにちは!タスク(@bb_tasku)です!

今回は資産形成のお話!

2018年1月より、満を持してスタートした『つみたてNISA』を実際にSBI証券で買ってみたので、記事にしてみました!


つみたてNISAの特徴

まずは『つみたてNISA』の制度をおさらいしていきましょう。

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。
(引用:金融庁HP)

利用できる方 日本にお住まいの20歳以上の方(※1)(口座を開設する年の1月1日現在)
ただし、つみたてNISAと一般NISAはどちらか一方を選択して利用可能
非課税対象 一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
口座開設可能数 1人1口座(※2)
非課税投資枠 新規投資額で毎年40万円が上限(※3)
(非課税投資枠は20年間で最大800万円)
非課税期間 最長20年間
投資可能期間 2018年~2037年
投資対象商品 長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託

*1 …0歳~19歳の方は、ジュニアNISA口座をご利用いただけます。詳しくはジュニアNISAページをご覧ください。
*2 …NISA口座を開設する金融機関は1年単位で変更可能です。また、NISA口座内で、つみたてNISAと一般NISAを1年単位で変更することも可能です。ただし、つみたてNISAですでに投資信託を購入している場合、その年は他の金融機関又は一般NISAに変更することはできません。
*3 …未使用分があっても翌年以降への繰り越しはできません。
(引用:金融庁HPより一部抜粋)

簡単にまとめると・・・

<つみたてNISAの特徴>

  1. 少額からの長期・積立・分散投資に適した制度
  2. 対象商品は金融庁お墨付きの投資信託
  3. 分配金や譲渡益が非課税
  4. 投資枠は毎年40万円まで/非課税期間は最長20年間

と、特に税制面で有利となる制度となっています。中長期の資産形成にはもってこいですね!

また、“金融庁お墨付き”というのが、この制度の大きなポイントになっています。

金融庁としては・・・

  • 「日本の投資信託はパフォーマンス悪いくせに、手数料高すぎだろ!」
  • 「毎月分配型、テーマ型投信なんてけしからん!」

というスタンス。

なので、ある一定のバーを設けて、それに合格した商品が『つみたてNISA』の対象商品として選ばれているわけです!

正直にいうと、この対象商品は手数料が安い分、金融機関では今まで積極的に販売していない商品でもあります。

裏を返せば、投資をする人にとっては有利な商品が厳選されているということです!

つみたてNISAとNISAの違い

『つみたてNISA』と『NISA』の違いもおさらいしておきましょう。

比較表
(引用:SBI証券HP)

『NISA』と比べて、『つみたてNISA』の方は非課税投資枠が40万円と少ない一方、非課税期間は最大20年間と長くなっています。

また、大きく違うのは対象商品!

『つみたてNISA』は“一定の要件を備えた投資信託等”に限定されているのに対し、『NISA』の方は“投資信託に加えて上場株式等”も対象となります。

どちらを選択するかは、自分の投資スタンス(短期投資or中長期投資)、購入方法(一括購入or積立購入)、対象商品(株式も買いたいor厳選された投資信託が良い)などによって決めると良いかと思います。

(コラム)個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とどっちが良い?

長期資産形成向けに最近登場した制度といえば『個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)』も挙げられます。

やはり、ここ最近では「NISAとiDeCoどっちが良いの?」と聞かれることがあります。

これは一概には言えませんが、「どちらがお得か?」と聞かれれば、所得控除があるiDeCoの方がお得だと思います。

ただし、iDeCoは「原則60歳になるまで、引き出すことはできない」という特徴がある為、主に老後資金に向けた資産形成に限られます。

その点、NISAは所得控除はないものの、中途解約が可能であるため、老後資金以外にも、結婚資金・教育資金・住宅用資金など、様々な目的で資産形成が可能です。

資金の目的に応じて、両方の制度を上手に使い分けることがベストだと思います。

実際に『つみたてNISA』を始めて見た!

僕はこういう制度(商品)が出ると試したくなるので、さっそく始めてみました!
(自分で実際に使ってみると、他の人にオススメする際に相手に伝わりやすくなりますよ!)

とりあえず無難なところで「SBI証券」で開始!

ちなみにネット証券を持ってない人は、とりあえず「SBI証券」の口座を開設しておくと良いと思います。

ネット証券No.1なだけあって、一通りの商品は取り扱っているので、困ることはありません。

SBI証券の『つみたてNISA』 3つのメリット

ちなみにSBI証券で『つみたてNISA』をやると、3つのメリットがあります。

  1. 100本以上の豊富なラインナップ
  2. 積立は毎日・毎週・毎月と多彩なコースバリエーション
  3. 「カートつみたて」機能でらくらく買付け設定

『つみたてNISA』用にこれだけ機能を充実させるとは、さすがネット証券といった感じですね!

商品種類は豊富で、各種ランキングなども表示されるので、自分の好きな投資信託を選べます。

しかも、毎月積立だけでなく、毎週や毎日といった設定ができるのも魅力。
ドルコスト平均法のメリットを存分に活かせます。

「カートつみたて機能」も備わっていて、例えば「予算20,000円/月のうち、A商品は25%分買うようにしよう!」といった設定も自分で簡単にできます!

実際に買ってみた!

まずはSBI証券で『つみたてNISA』口座を開設。

メニューから投資信託を選択!

つみたて SBI証券
▲各種ランキングも参考に見れますよ!

次は〔つみたてNISA買付〕を選択します。

買付け方法

つみたて条件設定を商品ごとに入力していくと・・・

入力画面

こんな感じで「自分だけのつみたて設定」が完成します!

設定画面

簡単に設定が完了!

途中で商品を変更したい場合も、ネットですぐにできるのはありがたいですね。

これでコツコツと資産形成ができます!どんな結果が出るか、今から楽しみです♪



<スポンサードリンク>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です